• トップ /
  • 歯並びが悪いと歯科へ行くべきか

歯並び矯正を歯科医院で

歯並びが悪いと歯科へ行くべきか

歯科で歯並びを矯正する必要性

欧米人に比べると日本人は歯並びが悪くてもあまり気にしないといわれています。その証拠としてよく挙げられるのが、八重歯をチャームポイントにする人の多さです。八重歯というのは通常の並びからずれてしまっている歯のことで、欧米では歯科で矯正の対象になりますが、日本では放置している人が少なくありません。ただ、八重歯のように極端に前に出てしまっているような歯をそのままにしておくのは、決していいことではありません。その理由として挙げられるのは、まず磨きづらいということです。磨き方が不十分であれば最終的に虫歯になって歯科で抜歯するということにつながります。また、歯並びが悪いとかみ合わせがうまくいかないため、あごに負担がかかって炎症を起こすことがあります。では、悪い歯並びを矯正するタイミングはいつがいいのでしょうか。やはり、まだ子供の段階で歯科に行って矯正器具をつけるのが一番いいですが、大人になってからでも決して遅すぎるということはありません。実際、デビューからしばらくの間は八重歯を矯正していなかった女性タレントが、売れてから歯並びを治したという例はたくさんあります。八重歯、あるいは周辺の歯が虫歯になっていたり、あごが痛かったりする場合は歯科に行って相談してみるといいでしょう。

↑PAGE TOP

Menu